PR
悩み

蓄電池で自宅の電気料金を削減しよう!

ハイブリッド型 蓄電池 悩み

卒FIT後はどうなるの?

売電単価が大幅に下がります。

143,500円/年FIT期間中42円/kWh[売電価格]年間で116,500 円もの売電収入減少27,000円/年FIT終了後8 円/kWh[売電価格]太陽光で発電した電気は電力会社が買い取ることを国が義務づけており、10年間は買取価格が固定で保証されています。

2011年に太陽光発電システムを 設置した方の売電単価は42円 ⁄ kWhでした。

その後「卒FIT」を迎えた方の売電単価は大手電力会社のプランで8円/kWh前後となっており、卒FITによって売電収入はおおよそ80%程度減少する計算になります。

現在【FIT制度】という再生可能エネルギーで発電した電気を、電力会社が決まった価格で決まった期間、買い取ってくれる制度が御座います。

この期間が2023年で終了し、165万件も卒FIT後の対応が必要となります。

卒FIT後には売電単価が大幅に下がります。

蓄電池 ハイブリッド型

さらに電気料金は年々上昇傾向にある為、卒FIT後は売電単価が購入電気単価を大きく下回るようになります。

卒FIT後の対応としてオススメなのは、太陽光発電システム+家庭用蓄電池で購入電気量を減らす【自家発電】がオススメです!

FIT制度(固定価格買取制度)とは、太陽光や風力といった再生可能エネルギーで発電した電気を、電力会社が一定の価格で一定期間買い取ることを国が保障する制度です。

FIT制度(固定価格買取制度)によって、再エネ発電を行う事業者は発電した電気を必ず売電することができるため、リスクを抑えながら発電事業を行えます。

ハイブリッド型蓄電システム

そして、卒FITとは、FIT(固定価格買取制度)から卒業した発電設備をさす言葉です。

住宅用(10kW未満)太陽光発電は、FITで定められた10年間でFIT期間が終わります。こうした設備は卒FITと呼ばれることになりました。

FIT制度では、電力会社が余剰電力を買い取り続けること・その価格の維持が法律で決まっていました。

FIT期間が終わったあとも、住宅用太陽光発電は余剰電力を売電できます。

FIT制度を卒業した設備は、各電力会社が独自に提示する「卒FIT買い取りサービス」で、新しい売電価格の契約を結ぶこともできます。

ハイブリッド蓄電池

卒FIT後の対応として【自家発電】をオススメします。

また、蓄電池の棟梁のポイントが3つ御座います。

1.安心の充実保証
 安心・無料の【10年保証】
 自然災害補償が【10年補償】
2.高出力4.95kW
 高出力だからこそ、停電時に一度に多くの電化製品を使えるので安心して頂けます。
3.長寿命、スピード充電
 業界トップクラスの12,000サイクルと長寿命。
 さらに高速で充電可能!最短約3.3時間で満充電できます。

ハイブリッド蓄電池とは

自家消費で電気料金を削減!【蓄電池の棟梁】

コメント